MENU

顎ニキビが痒い原因とニキビだらけの痒みを止める方法を発見!

顎ニキビが痒い上に、顎ニキビだらけ。。。

 

もう、これ以上のストレスはないってくらいですよね。

 

私は顎ニキビに悩まされて23年です。

 

30歳を超えれば、さすがにニキビは減ると思っていたのに
ぜんぜん減りませんでした。

 

ファンデーションやコンシーラーでごまかすのにも疲れた。

 

使えるニキビ対策品は試しました。



 

 




 

皮膚科にも何度も行きましたけど
その都度、治るのは治るんです。

 

でも繰り返す

 

 

医者はストレスを貯めないように、とか食生活や睡眠とか言いますよね。

 

でも、顎ニキビができることがストレスなんでどうしようもないんです!

 

食べ物とか睡眠は何とか規則正しくしているのに。

 

もともと胃腸も弱いんです。

 

顎ニキビ専用のオールインワンクリームを使ってみた

今まで無かった顎ニキビ専用クリームが発売になりました。

 

>>>http://www.real-beautycare.com/特設

 

わらにもすがる思いで購入。

 


お恥ずかしいのですが
決め手は180日間の返金保証です。

 

半年使っても、効果を実感できなかったら問答無用で返金してくれるそうなので。
>>>返金保証の詳細はこちらで確認できます

 


良い口コミが多かったし、
もちろん悪い口コミも正直にあったので信頼できました。


ヘラで塗るタイプです。

 


クリームですけどサラッとしています。

 

オールインワンなので、洗顔後はこれだけ使いました。

実感

このクリームは即効性はないなって思いました。

 

でも、1ヶ月くらい使うと大量にできていた顎ニキビの1つ1つが小さい事に気が付きました。

 

強烈に痒い感じがない。

 

実は、はじめメルラインだけを使っていたんです。

 

でも、顎ニキビは、まだできるので
今まで使っていたこのクリーム

を塗り始めたんです。

 

その結果、
翌朝の顎ニキビの赤みや痒みが、すごく抑えられていました。

 

あくまで私の効果なので確証はないのですけど
超敏感肌の私でも効果あったので、この2つの合わせ技はスゴいと思います。
大発見かなって。

 

とにかく、治るかも!繰り返さなくなるかも!
って希望を持ちたい人は1度試してみても良いのかな、って思います。

 

ご参考までに。

 

メルラインの最安値と返金保証付の両方はこちらなので、お間違いなく。
>>>http://www.real-beautycare.com/特設ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<顎ニキビが痒い・概要>
顎ニキビが痒い原因とは、肌の乾燥とニキビが炎症を起こして菌が繁殖していることが考えられます。
肌が乾燥してくると、表面にある角質層に隙間ができてしまい、水分が蒸発しやすくなってしまいます。

 

そしてその隙間から刺激を起こす紫外線や有害物質が入ってくるため痒みが発生し、さらにバリア機能が低下する原因になってしまいます。

 

もう一つの原因になっている菌の繁殖ですが、ニキビの原因菌のアクネ菌が増えてくると、肌は細胞を守るためにヒスタミンを放出します。このヒスタミンがアレルギー症状を引き起こすので、ニキビが痒くなってくるのです。

 

乾燥が進んでくるとニキビができやすくなってしまい、ニキビができると菌が繁殖してさらに痒みが増してくるので、ストレスがたまってしまいます。肌のバリア機能が低下していると、顎だけではなく顔全体にニキビができてしまうので、さらに痒みがパワーアップしてしまいます。

 

ニキビだらけの顔の痒みを止める方法とは、保湿です。

 

まずはニキビができやすい肌質を改善するために、保湿効果に優れた成分(番号付きのセラミドなど)が配合されている化粧水や美容液を使って肌の水分不足を補います。角質層が潤ってくると細胞の配列が整ってくるので、隙間が少なくなり紫外線や有害物質をブロックする機能が高まります。

 

 

ニキビを解消するには、菌の繁殖を防いで肌を清潔にしておくことがポイントになりますが、洗顔後は肌が乾かない内に素早く水分を補給します。

 

潤いの少ない肌は、皮脂膜で水分蒸発を守ろうとするので、皮脂の分泌が活発になり、表面は脂っぽいのに内側は乾燥しているインナードライ肌になってしまいます。肌の水分量が十分だと、皮脂の量も調整されるので、ニキビができにくくなり痒みも治まってきます。

 

 

突発的な痒みを止めたい時には、ニキビができている箇所を冷やします。

 

温めてしまうと血管が拡張して血流が増えるので、ますます痒みが強くなってしまいます。
そこで痒みに耐え切れず掻きむしってしまうと、ニキビ跡が残ってしまうので、冷たいタオルなどで血管を収縮させて痒みを落ち着かせます。

 

ニキビを冷やして痒みをとる方法は一時的に解消する方法なので、長期的に痒みを抑えるためには保湿対策が一番大切です。
皮脂の取り過ぎは肌を乾燥させてしまうので、洗浄力を抑えた肌にやさしいタイプの洗顔料を使ってみましょう。

 

力を入れて肌を擦ってしまう洗い方も、角質層を傷つける原因になるので、なるべく指が肌に触れないように洗います。